忍者ブログ

ミラノから日帰りスイス鉄道

スイス鉄道で行く~ミラノから日帰り個人旅行の情報サイト。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

世界遺産ベルニナ鉄道の旅

スイスの大自然の中を走る真っ赤な列車がシンボルな、ベルニナ鉄道。
日本では以前から知られていた記憶がありますが、
世界遺産に登録されたのは意外に最近の2008年。

モデル: Stadler社 アッレーガAllegra

レーティシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観

(→クリックでスイス政府観光局の関連ページ12へ)
TRhaetian Railway in the Albula / Bernina Landscapes 


メインの路線はスイス・サンモリッツとイタリア・ティラーノ間の高低差約1800mを約2時間で
走ります。頻繁に変わるアルプスの大自然はとにかく美しいにつきます。
ベルニナ線自体が全て見どころと言ってもオーバーではありません。

説明が不要な人気の高い世界遺産です。

行ってみて、とにかくこんな大自然が厳しいだけのアルプスによく鉄道を引いたものだ。
その鉄道のおかげで、
現在もこの辺りの人たちが仕事を持ちこの場所で暮らしているなんて。
観光客もこんなに自然が簡単に間近に感じられるなんて。
と、自然のすごさと共存している鉄道に感動してしまいました。

とにかくビックな世界遺産に行きたい、
私はセレブだ、だからサンモリッツは行っておかなければならない、
これぞスイスという光景を見てみたい、
親や祖父母を連れて、親孝行旅行をしたい、
忘れがたい旅行をしてみたい
など、全般的に誰にでもお勧めです。

モデル: Alstom社 コラディア・メリディアンCoradia Meridian
ミラノチェントラーレMilano Centraleから来た電車です。

 ティラーノTirano駅についたら

ウシータUSCITAと書かれている出口を出ると、

こんなホールになります。ここを出て、

目の前の広場に見える赤いラインがある建物を入ると、
ベルニナ線のティラーノ駅です。

このサイトではベルニナ鉄道をベルニナ急行ではなく普通電車で楽しむ旅行に
スポットをあてています。ベルニナ鉄道鈍行列車の旅です。

ベルニナ急行と普通電車の違い?は、

次へ

拍手[6回]

PR
にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 鉄道ブログ 海外鉄道へ

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
とまぞう
性別:
女性
自己紹介:
山歩きデビューして間もないとまぞうです。
デビューしたのは、今住んでいるところが山だらけだからです。

電車を乗り継いでいろんな場所に行きたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ スイス旅行へ

鉄道サイトへ

バーコード

P R

Copyright ©  -- ミラノから日帰りスイス鉄道 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]